相続欠格?

相続欠格(そうぞくけっかく)とは、相続において特定の相続人につき民法891条に規定される不正な事由(相続欠格事由)が認められる場合に、その者の相続権を失わせる制度です。
詳しくは、相続欠格のページをご確認ください。

メールでのお問合せはこちらから