代襲相続とは?

代襲相続とは、本来、相続人となるべき相続者が、相続開始前に死亡していたり、相続排除・相続欠格により相続権を失った者に代わって、その子供達、更に孫などが相続する制度のことです。

メールでのお問合せはこちらから