相続の基本知識3:代襲相続

子が死亡しているケースは孫に相続権があり代襲相続が行われる

代襲相続によって孫や曾孫、甥、姪などが相続人になることがあります。代襲相続とはどのような場合でしょうか?確認しておきましょう。

子が死亡していれば、孫が代襲相続をします

被相続人の子供が死亡しているケースでは、その孫に相続権があります。
配偶者と孫が相続人になる場合の代襲相続

Q:
被相続人に子がいる場合は、子が相続人となります。しかし被相続人の死亡以前に、すでに子が亡くなっていた場合には、どうなるのでしょうか?

A:
このような場合は、被相続人の孫が、遺産を相続することになり、これを代襲相続といいます。

孫も死亡していた場合には、その孫の子、つまり被相続人の曾孫が代襲相続することも、認められています。曾祖父の遺産を、曾孫が相続するわけです。その代襲相続人となることができるのは、被相続人である子の直系卑属である子であり、死亡など一定の事由により相続権を失った人に代わって、これらの代襲相続が次々と認められていくことになります。
代襲相続は、相続人である子が相続開始以前に死亡したときだけでなく、 相続欠格相続廃除によって、相続権を失ったときにも認められます。
なお、相続放棄によって相続権を失った場合には、代襲相続は認められておりません。

兄弟姉妹の相続についても代襲相続が認められる

代襲相続は、被相続人に子も直系尊属もいない場合には,被相続人の兄弟姉妹が相続人となる場合も認められています。つまり、その兄弟姉妹が被相続人の死亡時以前に死亡、相続欠格や相続廃除によって相続権を失っていた場合には、兄弟姉妹の直系卑属である子、つまり被相続人の甥・姪が相続します。
配偶者と甥・姪が相続人になる場合の代襲相続
ただし、被相続人の甥・姪がすでに死亡している場合に、甥・姪の子が代襲相続することはできません。その点は、被相続人の子についての代襲相続とは扱いが異なりますので、注意が必要です。

メールでのお問合せはこちらから