超高年齢化社会の様々な相続ビジネス

超高年齢化社会の相続 65歳以上の人口が、総人口に占める割合が、“高齢化率”です。この高齢化率が21%を超えると「超高齢社会」と言われますが、日本はすでに2007年から超高齢社会に突入し、2012年10月時点の日本の高齢[…]

相続対策の怪しい現実

相続対策は数字上だけでは判断ができない 誰でも支払う相続税は、少ない方が良いと考えますね。しかし、当事務所では、本質的に相続税対策より相続対策の方が重要だと考えております。何故なら、計算上の相続税対策では、その対策にが役[…]

法定相続民法改正法制審案記事のまとめ

メディアによって、見出しの扱いが違う民法改正法制審案 各メディアのタイトルがそれぞれ異なる今回の民法改正の中間試案の記事です。NHKは全体をまとめてタイトル「相続で配偶者優遇 民法改正の中間試案まとまる」ではあるが、大き[…]

相続対策の引き起こす問題点

相続対策が引き起こす大きな問題が空き家問題と間違った相続対策 自社の利益を優先する業者や、相続のことをよく理解していない業者による相続対策のススメの餌食にならないでください。本来、相続対策とは、配偶者などに先立たれ、不安[…]

遺言書

遺言書の必要性

相続が争族を生む! 相続が発生したときの一番悲しい出来事は、残された相続人である妻や子供たちの間で争いがよく起ることです。これを世間では、「争族」などと家族間の相続の争いを表現します。この争いは高額の相続だけで起こる話で[…]

相続から発生する空き家問題

空き家になる理由で多いのは、親の死去などで引き継いだ家の活用ができず固定資産税などの負担から相続放棄するケースが増えているようです。国土交通省の調査でも空き家になった住宅を「相続した」が過半を占めたようです。郊外の持ち家[…]

子供がいない場合は、遺言書を書いておいた方がいい

日本の高齢者の増加に伴いかに伴い本格的な「多死社会」に突入します。そんななか、子供のいないケースで突然訪れる「死」るケースもあります。 例えば、子供のいない高齢のご夫婦が2人がいた。夫は病院で寝たきりの状態、奥さまはお元[…]

祖父母などから教育資金の一括贈与

親の世代から、子や孫の世代への贈与に対する贈与税の非課税制度 「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税(以下「教育資金の非課税」といいます。)の特例があります。 この特例は、贈与者が死亡した時点で資金[…]

連年贈与

連年贈与とは? 連年贈与を行うと毎年少しずつ相続財産を減らすことができ、相続税の節約につながります。   例えば、1年間に100万円を贈与し、20年かけて2000万円をあげるとします。1年間に贈与する額が、このように贈与[…]

死亡前3年以内の贈与は相続財産として計算されます

相続財産として計算される贈与財産 被相続人が死亡する前の3年以内に贈与された財産は相続財産とみなされます。つまり、相続税の対象となります。この場合、すでに支払っている贈与税額の分だけ、納付する相続税額が控除されます。 相[…]