超高年齢化社会の様々な相続ビジネス

超高年齢化社会の相続 65歳以上の人口が、総人口に占める割合が、“高齢化率”です。この高齢化率が21%を超えると「超高齢社会」と言われますが、日本はすでに2007年から超高齢社会に突入し、2012年10月時点の日本の高齢[…]

相続対策の怪しい現実

相続対策は数字上だけでは判断ができない 誰でも支払う相続税は、少ない方が良いと考えますね。しかし、当事務所では、本質的に相続税対策より相続対策の方が重要だと考えております。何故なら、計算上の相続税対策では、その対策にが役[…]

法定相続民法改正法制審案記事のまとめ

メディアによって、見出しの扱いが違う民法改正法制審案 各メディアのタイトルがそれぞれ異なる今回の民法改正の中間試案の記事です。NHKは全体をまとめてタイトル「相続で配偶者優遇 民法改正の中間試案まとまる」ではあるが、大き[…]

相続放棄をした財産を代襲相続することはできません。

相続人が相続放棄をした場合、その相続人は最初から「相続人がいない存在」とみなされます。相続放棄をした財産を代襲相続することはできません。 わかり易い例では、被相続人である父の子が相続放棄をしたら、孫は被相続人の財産につい[…]

相続対策の引き起こす問題点

相続対策が引き起こす大きな問題が空き家問題と間違った相続対策 自社の利益を優先する業者や、相続のことをよく理解していない業者による相続対策のススメの餌食にならないでください。本来、相続対策とは、配偶者などに先立たれ、不安[…]

相続後の配偶者の居住権保護を強化

相続時、配偶者の居住権保護…民法改正原案の法制審議会(法相の諮問機関)が近くまとめるようです。 内容は相続により家から退去を迫られる恐れのある配偶者が、遺産分割を終えるまで無償で住み続けられる規定や、相続後も自宅に住み続[…]

所在不明で音信不通な相続人がいるケース

相続手続を行う上で、相続業務専門の相続手続のプロが必要な理由の一つとして、複雑な相続が発生した時に、相続業務専門の相続が発生すると、まず正確な相続人の確定と相続放棄等の確認を行います。そしてこの法定相続人が複数になるケー[…]

法定相続分について、最低知っておきたいこと

相続人の範囲や法定相続分 いざというときの相続の基本的な範囲や法定相続分を学んでみましょう。相続の際は以下の民法に定められた範囲で相続人が決まり、相続分が設定されています。まずは、この相続法律についてご理解いただきたいと[…]

遺言書

遺言書の必要性

相続が争族を生む! 相続が発生したときの一番悲しい出来事は、残された相続人である妻や子供たちの間で争いがよく起ることです。これを世間では、「争族」などと家族間の相続の争いを表現します。この争いは高額の相続だけで起こる話で[…]

相続土地の評価ミスで過払いが続出

相続税1億円返ってくる!? 土地の評価ミスで過払いが続出 昨年、課税が強化され、相続税を納める人が増えています。ですが、いったん払った相続税を「過大だった」と修正し、過払い分が戻ってきた人が続出しているようです。「土地の[…]